乃木坂46まとめ中

乃木坂46の情報をまとめたサイト

山下美月の過激すぎるシーンが『電影少女 ‐VIDEO GIRL MAI 2019‐』で放送

f:id:fxrepo:20190421094231j:plain

ドラマ『電影少女 ‐VIDEO GIRL MAI 2019‐』で山下美月の馬乗り過激シーンが放送される

山下美月が出演するドラマ『電影少女 ‐VIDEO GIRL MAI 2019‐』(テレビ東京/毎週木曜25時)の第2話が18日に放送され、マイ(山下)がサッカー部所属の杉崎(甲斐翔真)の体の上に馬乗りになるシーンが放送された。

youtu.be

同じクラスに転校してきた現役女子高生モデルの朝川由那(武田玲奈)に、写真のモデルを断られた叶野健人(萩原利久)は、放送室でVHSテープを発見する。

家に持ち帰り再生してみると、テレビ画面から神尾マイ(山下美月)と名乗る少女が飛び出してくる。再生期間の3か月間、主人の命令に従うという彼女に対し、戸惑う健人だったが、「あなたのためなら、なんでもする!」という言葉を聞いた健人は、ある命令を言い渡す……。

健人はマイに、自分と由那が付き合えるようにしろと命令。しかし由那はサッカー部のエース・杉崎といい仲を知ったマイは事も無げに「消せばいいんだわ…そんなクソ野郎」とつぶやく。

早速マイは杉崎のファンを装い、部活帰りの彼に手紙を渡してアプローチを開始する。

杉崎に手紙を渡した日の夜、マイは「放送室で待ってる」とメッセージを送信。翌日、サッカー部の練習が終わると杉崎は練習着のままで放送室へ。

待ち受けていたマイは「サッカーと私、どっちが大事?」と言うと、彼の体に手を回し机の上に仰向けにさせる。そしてスカートをまくり机に登ると彼の体の上に馬乗りになり…。

f:id:fxrepo:20190421094307j:plain

ドラマ『電影少女 ‐VIDEO GIRL MAI 2019‐』で馬乗りの過激シーンが放送された山下美月への感想

お披露目の時に何かある。そんな感じで注目していて見てましたが、一昨年の握手会で魂奪われました。最初は西野七瀬さん推しでしたが、推し変しましたね。 推しになってそろそろ丸2年になるけども、ホントに底が見えないくらい力を秘めている素晴らしい子だなと思ってます。 これだけ推し甲斐のある人っているだろうか。そう感じてますね。


この子凄すぎ… 世にも奇妙の永作博美の狂気なお姉さんを思い出すなぁ。 存在感と妖艶さと狂気が半端ないねぇ… やられた。 天才じゃないっすか? 正直、極端なキャラクターだから誰でもドラマは成立するとは思うほど簡単な役所だけど、この子は普通じゃないね… この若さで色気が全盛期の壇蜜なみだね。 いやードラマ面白すぎる! 地味に男優もいいね。 武田玲奈、好きだけど完全に喰われてるね… 損だなぁ…(ー ー;) これは今日俺なみの旋風があるかもしれない。

加入時からとても気になる子だった。今では吸い込まれるような目力と色っぽさにやられています。今、写真集が出たら絶対買います!待ってます

過激な描写に賛否はあるが山下は頑張っている。面白いし、原作のスピンオフ的な作品だから先が読めない。最終的には今までの行いの報いが返ってくるだろう。共犯者の2人の行く末がほんの少しの光と救いのないものになる気がする。

この人は神酒クリニックで乾杯をでもとてもいい演技をしていたね。 アイドルが主演なのでいろいろ言われる部分やそもそも期待されてない部分はあると思うが、このドラマでもとても演技力が高いので全然観れるね。

山下美月さんの馬乗りシーンには驚きました。次はどんなシーンが待っているか楽しみです。来月発売の新曲は残念ながら選抜に外されましたけどドラマ撮影の方は最終回まで頑張って下さい。毎週楽しみにしています。

運営幹部や秋元氏が、脚本に口出ししてるのだから、西野さんは清純派路線でしたが、山下さんは小悪魔路線で行くのかな? 少なくとも、西野さんよりはかなり上手い演技でしたね。

がんばってるのはわかるが、スケジュールの調整ができずにシングル活動に参加しないのはどうかと思う。 乃木坂46っていうアイドルグループのメンバーでしょ?ファンのために歌って踊るのが一番の仕事じゃない? 乃木坂である前に山下美月ですってこと?

まぁ、電影少女やしなぁ… 裸のシーンもよくある原作漫画やし、馬乗りくらいじゃ当然やとおもうけど…

乃木坂でも、こうゆう演技が出来るのを、ゆるされるのは、反感があるだろうけど、自分はうれしいよ。でも、グラビア水着は遠慮します。

電影少女は元々小中学生には過激な漫画だよ。 西野さんがビデオガールだった時の方が抑えすぎだった。 今回の電影少女観て、過激な馬乗りを拝見出来て嬉しかったよ。

どっちかっていうと、1話の半裸シーンの方が衝撃的だったが・・・。

目を寄せて髪型も格好も面白い

199年の『高校教師』というテレビドラマで、 当時人気だった持田真樹さんが京本政樹に制服姿でスカートの中からパンツをおろされビデオ撮影される衝撃のシーンを思い出しました。 こうしたらもっと良いのでは?とスタッフに過激なシーンに変更されながら何回も何回も撮影され人が沢山集まってきたようです。 京本政樹さんが後で持田真樹さんにこんなことして大丈夫なの?と聞いたら大丈夫な訳ないです!と言っていたようです。 当時、持田真樹さんのファンだった私は京本政樹許さんと思っていました。 乃木坂46の山下美月さんもおとなしそうなので、スタッフには文句が言えず言われるがまま台本に無かった(?)演技を演じるしかなかったのかな?

弥生時代は、大変だったんだね。

何でも願いを、と言いつつ せせら笑ってる感じは、さながら リュークを彷彿とさせられました。 妖しい雰囲気は良く出てたな 笑ってない目も良い(笑)

体当たり演技って感じだな。

おっぱいどころかキスシーンの挿入すら配慮が必要な昨今のテレビ。深夜帯の放映とはいえ、これはざわつくかもね。

彼氏に指舐めさせてた写真あったのに、今さら驚くことかな

指咥えるシーンはないのか?

アイドルだから過激さがねぇ・・制限されるんだろうけど まぁこんなもんだろうなっていう感じかな

愛知県では5月から放送なのでまだ観てません

あのシーン、山下ファンは落ち着かないだろうな 西野の電影少女より見応えあってなかなか面白い

皆が期待大だね! まあ、何とは言わないけど!

覆い被さったシーンは吹き替えだがw それにしても、白石も下ネタ連発するらしいし、ザンビといい、意外性でドンドン壊していっていいのかね?

カツラはなんとかならんのか? 地毛じゃダメなん? カツラが違和感ありすぎてヤバいやろ。 なんで誰も突っ込まないの?

nogi.hatenadiary.jp

『電影少女 ‐VIDEO GIRL MAI 2019‐』とは

出演者

 神尾マイ…山下美月(乃木坂46)

 叶野健人…萩原利久

 朝川由那…武田玲奈

 杉崎勇輝…甲斐翔真

 川島杏奈…黒木ひかり

 佐竹美優…新條由芽

 太田和夫…小松和重    松井直人…岡田義徳

 弄内洋太…戸次重幸

原作脚本

【原作】桂正和『電影少女』

<集英社文庫(コミック版)>

【脚本】喜安浩平

監督・演出

【総監督】関和亮

【監督】真壁幸紀

音楽

【音楽】KERENMI(蔦谷好位置)

【音楽制作】agehasprings

【主題歌】KERENMI feat.大比良瑞希

「からまる」(トイズファクトリー

『電影少女 ‐VIDEO GIRL MAI 2019‐』 第三話予告

「俺と朝川由那(武田玲奈)を付き合わせろ。」という叶野健人(萩原利久)の命令に従い、言い寄ってきた男を排除した、ビデオガール・神尾マイ(山下美月)。 ある日、マイは由那の写真集制作の話を知る。調べてみると、カメラマン・小山内(三浦誠己)の撮影した写真集はどれも過激なものばかり。それを知った健人は、「小山内を潰せ」とマイに命令を出す。そして、写真集の撮影が行われている山奥のロッジで、マイが動き出す…。

4月25日(木)放送

※4月25日(木)の放送は「世界卓球2019」中継により時間変更の可能性があり。

nogi.hatenadiary.jp